保護法で守られている

歴史の浅いハクビシン

ハクビシンはそれほど長い歴史を持っていないのです。1番最初に明確に生息が確認されたのは、1900年の半ばです。ハクビシンは読んで字のごとく、白い鼻を持っているので、そう言われているのでしょう。ハクビシンは夜行性で、特に果物や野菜等を食べるので、農家には多大な被害を及ぼします。また人家の床下や屋根裏に住処を持っていますので、糞尿被害も受けてしまうのです。ハクビシン駆除は一般の人ができるものでは無いのです。それは鳥獣保護法で駆除や捕獲ができない動物に指定されているからです。ですから、捕獲する理由を提出して、免許を持ったハクビシン駆除業者に依頼するしかないのです。 1度食料を取りに来た場所には何度でもきますので、早めにハクビシン駆除してもらうのが良いでしょう。

都会でも見られるハクビシン

普通ハクビシンは、なかなか見ることができない動物でしょう。それは夜行性でありますし、アライグマやアナグマもしくは猫などと、見間違えることもあるからです。最近では、都心部でも発見されることが多くなっているのです。それほど人の生活圏に入ってきているのでしょう。そうなれば人の生活への影響が懸念されるでしょう。ハクビシンは屋根裏や床下などに住み着きます。ですから糞尿被害により嫌な臭いがしたり、衛生面が悪くなることがあります。また夜行性であるために、人が寝ている時間に騒音被害等も出てくるのです。ハクビシンは鳥獣保護法で守られているために、世間一般の人が駆除や捕獲はできないのです。ですからハクビシン駆除業者に頼むと良いでしょう。